FC2ブログ

2020-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

2020-06-14 (Sun) 16:07[ 編集 ]
ひまわり子どもの家より

今日は声についてお話します。

モンテッソーリ教育では、話し方や声の大きさについて慎重に行います。
本を読んであげる時の抑揚もそうですが、一番は注目をそこに集めるのが目的です。
だらだら話すのではなく、目的を端的に短く話すことで子どもに伝わりやすいと言う事が大事です。

教師の声が大きくなると自然と子どもの声も大きくなり、狭い教室でみんなの声が大きくなると騒音となってしまい、
こちらが伝えたいことが伝わらなかったり、子どもが注意散漫になってしまう場合があります。

大体の場合、1人の声が大きい場合に起こります。
声の大きさは自分でコントロールできるようにするのは
運動と同じです。

教師が声を小さくすることで子どもは『何か言っている?』『先生の言う事を聞こう』とします。
これによって『静かにすれば聞こえる』と子どもは理解します。
何回も行うことで自然と静かな環境にすることができます。
ですので『静かにして!』と声を荒げることはしません。弱効果です。

子どもが静かにすれば聞こえると理解できるようにする事と、静かにしたい、
静かにすると楽しいと思ってもらえることが大切です。



 | HOME |