FC2ブログ

2020-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

声3

2020-06-16 (Tue) 15:32[ 編集 ]
ひまわり子どもの家より

先日、静かにすることが目的ではなく、静かにすることで話を聞ける事が大切であるというお話をしました。

教師はお集りの時など全体に向かって話をしますが、中にはその時、『僕は?僕は?』『自分はどうするの?』
と聞いてくるお子さんがいます。
全体に向かって話をしているのは自分も含まれていると言う事がまだ解らないのですね。

1対1だと理解できるが、全体になると理解できないと言う事は小さいうちはあります。

これも習慣的なことが大きいので大体の場合は少しずつ理解してそのうち聞いてこなくなります。

上記の子のように聞いてくる場合は、こちらは理解しやすいのですが、聞いてこなく理解していない子もいますので、
その場合はこちらも何となく『そうかな?』と様子を見ていると解りますので後で呼んで話をします。

100%こちらの言う事を理解していなくても子どもは周りの様子を見て、そのように動くことができます。
これはその子の処世術ですのでこのように学んでいく子供もいます。

全体で動くことの多い幼稚園ですとこれでも良いと思いますが、モンテッソーリの場合は一人一人の子どもが
教師の全体に対して話した指示行動を理解できているか と言う事が大切になってきます。

自分で聞いたことを自分と言うフィルターを通し理解し実行出来ると言う事が望ましいと思います。

このフィルターの目はその子によって目が粗い子、とても目が細かい子と様々です。
つまりこちらからの指示に対してどれくらいフィルターに残っていくのかは子ども次第です。

勿論、教師は全員に100%残して欲しいと思っていますしその為の協力は惜しみません。





 | HOME |