FC2ブログ

2020-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

百人一首2

2020-06-21 (Sun) 13:16[ 編集 ]
ひまわり子どもの家より


昨日の続きです。

バスの中の百人一首はみんながやらなくてはいけないものではありません。
やりたくない子は無理にさせません。
ただ、そのバスの中にいるだけで覚えてしまうことはあります。(門前の小僧習わぬ経を読む)

百人一首はとても素晴らしい歌で、日本人の心がうかがえます。
小さい時はこの歌の意味が解らなくても、五七五七七という言葉の流れ方や、美しい日本語に親しむだけでも十分です。
大きくなって意味を知りたければ自分で探していくでしょう。

先のお子さんのように興味を持てば自分から進んで覚えたいと思えるのがとても良いと思います。

『何番は何?』とこちらが聞くと正確にその歌と作者を言えるお子さんもいますね。

ただ単に覚えることが目的ではなく、自分なりの覚え方を知ると言う事がこの百人一首の目的でもあります。

百人一首はしばらくやらないと忘れていきます。
でも心の中に、『おぼえた』『たのしかった』と良い印象が残っていれば、正解と言えるのではないでしょうか。

お子さんによって価値観はまちまちです。
百人一首に限らず、何かを楽しんでやれると言う事は素晴らしいですね。

何か一つでも『やり切った!』と実感できた子どもは必ず後に続きます。



 | HOME |