FC2ブログ

2020-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

過程を楽しむ3

2020-06-25 (Thu) 19:44[ 編集 ]
ひまわり子どもの家より

昨日の続きです。

2つの畑があります。その畑は肥えとても良い土の畑です。その二つは場所は近いけれど土の質が異なるため、ある花は良く育ちますが、もう一方はそんなに育たないとします。
よく育つ畑の持ち主は水をやるだけの世話で済みますね。
ではあまり育たない畑の持ち主はどうでしょう?
彼は肥料を与え、いろいろ試行錯誤しながらその花が育てなければなりません。つまり手間がかかるという事ですね。
この彼がこの花が好きでたまらなかったら、苦ではないでしょう。
反対に良く育つ畑の持ち主がその花が嫌いだったら、水を上げるのでさえ苦痛でしょう。

あまり育たない畑の持ち主の花は、『なぜ育たないのかな?』『こっちの肥料にしようか? まだ駄目だ。こっちにしよう』と色々試し、育てた花と、苦痛を伴いながら育てた花では、他人は同じ花に見えたとしても個々の花への思いと達成感の違いは明らかですね。

この畑と畑の持ち主は子どもです。

初めはうまくできなくても、そのお仕事が好きで、自分で工夫していくことで必ず上手になる。

この経験を通して自分の育て方を知ったと思います。

子どもはみんないい畑を持っています。
この肥えたいい畑にはきれいな花も咲きますが、外から飛んできた種で雑草も生えます。
この雑草を抜くのも子どもです。
でも綺麗な雑草もありますね。
これは雑草なのか、きれいな花なのか選ぶのも子どもです。

良い経験が子どもの選ぶ目を作っていきます。


ちなみに教師は・・・・

種をまくひと。
肥料の相談にのります。

『この雑草は畑を壊す!』時だけお手伝いします。



 | HOME |